投資で成功する人の特徴

株式などの投資で成功する人の特徴としては、まず投資対象について詳しく勉強をしていることが挙げられます。株式投資では個別企業の事業内容や経営者の人柄、財務内容や業界内での優位性などの知り得るべきをすべて調べる作業を行うことが重要です。また、不動産投資では対象不動産のロケーションや入居ニーズ、今後の不動産市況などの調査を詳しく行う必要が出てきます。投資対象についてのあらゆることを知った上で、実際の行動に踏み切ることによって成功する確率が高くすることができています。次に投資で成功する人の特徴としては、得意の分野に集中することが挙げられます。株式であれば売買する業種を1つや2つに絞ったり、個別企業では数社だけに的を絞るということを行っています。株式を売買する際には、自分のよく知らない企業の株式を買ってしまうと上手くいかないことが多いからです。そのため、詳しい業種や企業だけに特化すれば、大きなミスを防ぐことが可能になってきます。次に投資で成功する人の特徴としては、メンタルコントールがきちんとできることが挙げられます。株式の売買では保有株が下落してくると、気持ちが弱気になりがちです。その結果として株価が下落すると保有株を売却してしまう人が多くなっています。逆に保有株の株価が上昇してくると、気持ちが高揚しがちです。その結果、保有株の絶好の売り場を逃してしまうことが起こってきます。しかし、往々にして投資で成功するには、株価が下落してきた時に弱気にならずに株式を購入し、株価が上昇してきた時は強気にならずに株式を売却する行動が必要性になってきます。このように普通の人と逆の行動を取ることができるためには、メンタルコントールを十分にできることが条件となります。

投資で失敗する人はお金に嫌われている

投資はリスクとリターンがあるものなので失敗はしょうがないと考える方も多いでしょう。しかし、あまりにも失敗が続くと「自分にはこの運用方法は向いていない」という結論を出し次々と金融商品に手を出すこともあります。そこで意識してほしいのがお金に好かれる投資ができているかということです。投資をするとき、お金について様々な価値観を持って運用するでしょう。投資は怖いものだからこのお金は捨て金だと考える人もいれば、一獲千金のチャンスだと考える人もいます。前者も後者もあまりお金に好かれる考え方だとは言えません。まず前者ですが、お金は大切なものです。それを捨ててもいいものだと割り切る考え方はあまりお金のことを考えているとは言えません。お金は寂しがり屋だという話もよく言われますが、捨ててもいい扱いされて寂しがり屋のお金が仲間を連れてきたいと思うことはないでしょう。捨ててもいいものだと思うことで、大切にしている人がしっかり読んでいる指標やニュースを読みとばしたり、分析がおろそかになることもあります。こういった姿勢が失敗に繋がっているとも言えます。また、一獲千金のチャンスだと考える方も要注意です。例えば人間でも全責任を背負わされると実力が発揮できないことは少なくありません。上手くいかなくても挽回のチャンスがあるという安心感も必要なことがあるでしょう。お金も同じです。大事なお金だからこそ計画的かつ戦略的なプランが必要です。一獲千金のチャンスと考える方は必要なお金も投資に使ってしまうことがあります。そうすることで冷静な判断ができにくくなるのです。投資を始める理由もお金への価値観も千差万別です。しかし、大切なお金だからこそ価値を十分に理解して計画的な投資プランが大事です。投資に成功するためにはお金に好かれる努力も必要です。

投資成功者の共通点

今や貯金と言っても年数円の利息しか付かないのが当たり前になってしまいました。そこで積極的に考えていきたいのが投資です。この投資ですが、貯金のようにほとんどが安全というわけにはいきません。リスクもあります。まずそこをしっかりと理解してから始めるのがいいでしょう。簡単にイメージして頂けるのが、貯金はローリスクローリターン、投資はハイリスクハイリターンとでもいいましょう。やり方次第ではハイリスクではありません。そこで投資に成功している方の共通点をいくつか挙げておきます。まずは投資ルールを必ず決めてそれをしっかりと守ることです。このルールを作らずに初めてしまう方が多いのです。例えばいくら損失がでたら一度やめようなど、しっかりと決めておきます。これが無いといつしか、資金が無くなってしまったなんて事になりかねません。次に焦らないことです。今はパソコンやスマートフォンで簡単に外国為替取引などに投資できます。初心者はその画面を開くなり何の根拠もなく取引を始めてしまいます。これではただのギャンブルです。例に取った外国為替取引であればどういった経済状況なのかなども考えて行う必要があります。始めるタイミングも大切なのです。次に長い目で利益が出ることを考えます。短期的には損失が出たり、利益が出たりといったりきたりする事もあるでしょう。投資というのはそういうものなのです。それをしっかりと理解して短期的な損益ではなく長期的にみて利益が出ることを考えて動いていきます。調子が悪いときは一時的に投資から手を引いてもいいわけです。少し時間が経ってからまた始めると利益が生まれてくることも多いはずです。色々な方法がありますが、この時代貯金もいいですが一度は考えてみるのもいいではないでしょうか。
■初心者のための入門サイト
株初心者
■投資顧問をつけて安全な投資を目指しましょう
投資顧問 ランキング